安全・品質に関する取組

安全・品質に関する取組

アルコールチェッカーを導入


アルコールチェックは、アルコールチェッカーを携帯しチェック後に本人が会社へチェック内容の報告を行う。
または、帰社してから端末データを確認するという事が行われていますが、この方法では本人がチェックを行ったのか確認できないというところに問題があります。

当然ですが、当社は全乗務員の誰一人としてアルコールを摂取し運転することはありません。
このアルコールチェック方法は、スマートフォンと検知機器を接続し測定を行うもので、測定が終わると、運転手が行っていたアルコールチェック中の写真とその結果をメールで知らせます。この事で、本人が実際にアルコールチェックしている様子が確認できます。

専用の管理ソフトにもその結果、場所、時間などの情報とチェック中の動画が確認できる仕組みとなっており、社員ごとに過去の情報にさかのぼって管理・確認することができます。このアルコールチェックを、出発前、途中の休憩時、到着後に行う事でしっかり管理を行っています。

「MIMAMORI」を導入

継続的に省燃費・安全運転を指導、意識づけと運転スキルの向上を図る目的で弊社は『MIMAMORI』を全車に導入しております。



定期的な社内研修の実施

事故によるリスクは、会社の社会的信頼を失うとともに、経済的損失をもたらします。
当社では、社員一人一人が安全運転に徹底して取り組み、『人の命を守る』・『企業の利益を守る』ことを重要
課題として捉え日々の運転業務に努めております。
お客様や社会から信頼を得るためにも、社員の安全運転教育を定期的に行っております。

講師の方をお迎えし、事故防止ビデオを上映後、安全運転に関する講義を行っていただきました。

企業様向けご案内はこちらから
MIMAMORI
アルコールチェッカーAlkiller アルキラー